ホトトギス

カッコウの仲間

では最も小さい 

 

 

独特の鳴き声を待ち焦がれていたが

5月の高原でも聞く事ができず、

当地では6月の半ば頃からやっと聞ける様になった